コンテンツへ移動

ラクマスタッフ直伝 商品販売の虎の巻

さてラクマで出品してみたけど…なかなかお客様がこない…とお悩みの方、必見です。

ラクマスタッフ直伝!出品時に心がけることを紹介します。

初心者の方はもちろん、中級者・上級者の方ももう一度見直すべき重要な事です。

今回記述する4点を見直すことであなたの商品をもっと魅力的にお客様に見せることができますよ。

是非実践してみてください。

 

商品名にひと工夫を

toranomaki_02

商品名で特徴をしっかりアピール!

数ある商品を流し見している中で、目を引くことができるように商品名をつけるようにしましょう。
商品名の欄に”商品名をそのまま描いただけ”というものをよく見かけます。
もったいないです! 自分の商品の良さをアピールすることができるチャンスを大切にしましょう。
ここで質問です!以下のどちらの商品名が購入者の『もっとみたい!』を誘うでしょうか?

1,「ミニワンピース」
2,「お値下げ中 美品花柄ミニワンピ-ス」

1の様に書いた場合、お客様を『もっとしりたい!商品をクリックしてみたい』という気持ちにさせるのは難しいです。
商品ページに来てもらうために、商品名で商品の特徴を主張することが大切です。
『美品』『新品同様』『本日限り』『お買い得』『お値下げ可能』など、商品名をそのまま書いただけでなく、特徴やセールスポイントを記入するようにしましょう。

商品名で購入者からの信頼度アップ

出品にあたり、一番避けるべきことは購入者の信用を失うことです。
傷があるのに『美品』てしまっては実際に商品が届いた購入者からの信頼を失います。
また『本日限り』と書いてあるのにもかかわらず、数日間放置してしまった…。これもまた信頼を失うきっかけになります。
大げさなアピールではなく正しい商品情報を伝えてアピールしましょう。

 

商品画像は商品の顔!

商品画像で印象付けよう

toranomaki_03

商品画像もまた、商品名と同様にタイムラインで表示される重要な項目です。
写真の取り方によっては出品物の良さを引き出すこともできれば、ネガティブな印象を与えてしまう可能性もあります。イメージといして印象に残るよう丁寧に慎重に撮影しましょう。

ラクマでSOLD OUTになっている商品の写真に共通してみられる傾向から導きだしたポイントが以下の4つです。

1.撮影は必ず明るい場所で
2.背景はできるだけ何もないものにする
3.被写体に合わせて、撮影位置・角度にも注意
4.商品の状態を正直に伝える写真

実践あるのみです。なかなか売れない、いいねが付かないという商品は1枚目の商品写真を変えてみるのもおすすめです。

上手ければいいって問題ではない?!

プロ並みに上手く撮影すればするほど売れるのか、というとそういう訳ではありません。
ここだけの話しですが…ラクマは一般のお客様が集まって売り買いをする場なので出品者がビジネスユーズ(業者さん)であることが明らかになると途端に売れにくくなることがあります。
自分の商品を丁寧に購入者さんに見せる、伝える、という気持ちで写真を丁寧に撮ることが大切なのです。

商品説明文でライバルに差をつける

数字を使ってより具体的に

ファッションアイテムはもちろん、その他の商品も写真では伝えることができないのが大きさや重さです。
大きさや重さはコメントで質問されることも多くあります。質問に返答する手間を省くためにも、出品時に商品説明の中に計測した情報を記述しておくことをおすすめします。
また化粧品などであれば、内容量を記入すると良いです。

『◯◯ml』入っています。
『◯◯日分のセットになります』など

『◯◯回利用しました』など具体的な回数を書いておくと商品に対するイメージが沸き、購入されやすくなるかもしれません。
具体的な数字を記載することで、後のトラブル防止にもなりますね。

背景とエピソードで心を掴む

toranomaki_04

商品説明文にも、「なんで売ろうと思ったのか」を一言入れるだけで、商品価格の納得感が出ますね。
たとえば、「新しいものを買ってもらったから出品」している、「サイズアウトしてしまったので出品しました」などと書いてあることで、安心感が増すと考えられます。

その他にも売れている商品の説明文に以下のような傾向が見られます。

商品を使った時のことを購入者様にイメージさせる内容。
今買わないと!という感情を購入者に持たせる内容。

 

心をこめてコメント対応

コミュニケーションを大切に

ラクマは人と人を繋ぐ場であります。取引とコミュニケーションは切っても切れないものです。
コメントの対応、梱包発送など、人と人の取引であることを忘れないようにしましょう。
特に取引をいくつか並行して行うと、丁寧なコミュニケーションが難しくなります。フリマアプリ、中級者・上級者の方、初心を忘れずにお客様からのコメントのやりとりを大切にしましょう。

以上、 ラクマスタッフ直伝 商品販売の虎の巻でした。
まだまだコツは沢山ありますが、スタンダードな内容からお伝えして参りました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
この記事が気に入った方は、
Facebook、Twitterでもシェアしてみてください(^^)
引き続きラクマをお楽しみください。